読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りくぼーの音楽感想倉庫

音楽CDの感想を綴っていきます

One Life (Una Vida) / DESTINO

日本の音楽 DESTINO

One Life(Una Vida)


曲目リスト


1. INTRO
2. Collaps feat. Ark, MIARICO
3. Neighborhood feat. DJ FILLMORE
4. Fiesta feat. TRIPPEN
5. Smokin' Days
6. You're My Angel
7. OUTRO


評価: ★★★★★★☆☆☆☆


日本では珍しいChicano系のラッパー、DESTINOの2ndミニアルバム。
2004年12月25日発売。


前作から僅か8ヶ月という短いインターバルで発売されました。
前作がラジオなどで話題になり、リスナーの間で「日本のチカーノスタイルだって?」となったようです。
日本ではこの頃はDS455やBIG RONを筆頭とする日本のWEST SIDE系のサウンドは認知されていましたが、日本のChicanoスタイルなんてまだないと言っていい状態ですからね。今でさえ少ないですし。

こういったスタイルは洋楽HIP HOPファンから何故か「猿真似」だって批判受けやすいからでしょうか?
個人的にはこういった音の上で日本人がどれくらい向こうのHIP HOPに近づけるか、またどれだけ日本人色を出せるか、というのも1つのオリジナルのスタイルと言っていいと思うんですけどね。


…すみません、話がそれました。内容に入りましょう…。


DESTINOのラップはというと、日本語とスペイン語バイリンガルスタイルが売りですが、正直に言うとスペイン語の割合はかなり少なく、むしろこのスタイルのラッパーとしてはかなり日本語がリリックを占めています。
そのためどちらかと言えば絆や仲間、音楽などに対する熱いリリックが持ち味になっていますね。


盟友ArkとMIARICOとの3人で、人生についてのリリックでマイクを回していくM-2「Collaps」、過去音源をMixしたDJ FILLMOREのHookが特徴的な地元の仲間に対するエール曲のM-3「Neighborhood」、なんかはそのDESTINOの持ち味が存分に出ています。
おまけにオーソドックスなラップの乗せ方で言葉も聴きやすいので様々な人に受け入れられやすいのではないでしょうか。


他にもTRIPPENの巻き舌ラップが炸裂するパーティー系のM-4「Fiesta」や日常を描いたM-5「Smokin' Days」など、一曲ごとに違うテーマが楽しめる作品になっています。


ただ、捨て曲という捨て曲のない作品でどの曲も安定はしていますが、もう少しバチーンとくる曲が欲しかったですね。
飛び抜けた曲がなく、INTROとOUTROを抜くと5曲という小粒な作品のせいか聴いた後にちょっと物足りなさが残ります。


しかしこの人のストレートなメッセージが持ち味のスタイルは上にも書いたように普段ラップを聴かない人にもアピールできる力があると思うので、是非チェックして頂きたいです。
ただ本作はちょっとDESTINOファン向けの作品で、DESTINOファンなら買って損はないと思いますが、
これからDESTINOを聴いてみようという方はまずは他の作品をオススメします。


↓M-3「Neighborhood」のPV。
youtu.be

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村