読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りくぼーの音楽感想倉庫

音楽CDの感想を綴っていきます

第三の男 / 童子-T

日本の音楽 童子-T

第三の男


曲目リスト


1. 第三の男
2. 世界はおまえの手に
3. 流儀2003 feat. Mummy-D, ZEEBRA
4. PRIDE & JOY feat. JiN
5. 少年A
6. Atomic Bomb Party feat. K DUB SHINE, DJ OASIS
7. 0時すぎのシンデレラ
8. WAR ZONE Part 2 feat. LITTLE
9. 充 THE 童子
10. いつかギラギラする日 feat. UZI, CUEZERO, YAMAKOU
11. 真夜中のヘッドラインニュース
12. NIPPONIA NIPPON (REMIX) feat. YAMAKOU, INNOSENCE
13. 積み木くずし feat. 三善/善三
14. Wild Style
15. In-mail feat. JUJU
16. 終了 ~続く~


評価: ★★★★★★★★★★


K DUB SHINEDJ OASIS率いるAtomic Bombからの第三の男…でしたけど、今はこの2人とは違うフィールドに行ってしまった、童子-Tの1stアルバム。
2003年4月2日発売。


1990年代からZINGIのメンバーとして、1997年にはDJ BASSと手を組んで作品を出したりと、古くからシーンにいたベテランですが、DS455などと同じく長らくシーンの流れに乗ることが出来なかったラッパーの1人ですね。
ZINGIとしての活動はそれなりに成功していましたが、1人のラッパーとしてはいまいちプロップスを得られていなかったようです。


その為に友人であり、軌道に乗っていたRHYMESTERのメンバーであるMummy-Dに、ラップをやめるか相談に行ったところ、「俺が代表曲を作ってやる」と言われ、その作られた代表曲が「少年A」(M-5)。
この代表曲のシングルで童子-Tとして本格的にデビューを果たしました。
その後日本語ラップの2002年の話題作、キングギドラの2ndアルバム「最終兵器」収録の「平成維新」に客演で参加し、ますます存在感をアピールしていくことになります。

そして2003年にとうとうこの1stアルバムをリリース。ちなみにユニバーサルから。


さて、内容に。


童子のラップはK DUBやDJ OASISなどと同じくトラックへの乗せかたはオーソドックスなものの、独特の渋さがあります。
その渋さと安定感、固いライミングが童子の持ち味です。

トラックはクールでダークな物が多め。
地味なトラックと言えなくもありませんが、童子とのラップとの相性は抜群で、これでもかというくらいお互いが雰囲気にマッチしています。
それがこの作品をすごい傑作に持ち上げています。

本当にどの曲も外れがなく、全曲オススメです。
M-1第三の男」からM-16「終了 〜続く〜」まで聴きどころしかない楽曲がぎっしり。


先行シングルであるM-2「世界はお前の手に」、M-5「少年A」は先行シングルとして切っただけあって流石の仕事振り。
不良らしさをガンガンに見せつけるリリックや言葉遣いが悪いリリックは聴いているこっちが恥ずかしくなってくることが多いですが、童子がやるとかっこよさが出るのだから不思議です。
M-9「充 THE 童子」も他のラッパーがやれば間違いなくダサくなるHookなのに、童子がやるとダサさがなくひたすらに渋い。自分のラップの長所を生かしたスタイルですね。

M-11「真夜中のヘッドラインニュース」、M-13「積み木くずし feat. 三善/善三」は社会の裏側の事件を描いたストーリーテーリングもので、結構なエグい内容です。
でもストーリーの組み立て方がとても上手く、最初から最後まで魅入ってしまいます。


多彩な客演を招いたマイクリレーものも、全ての客演がベストといっていい仕事をしており、ガツンとやられるパンチラインを炸裂してきます。
特にM-3「流儀2003 feat. Mummy-D, ZEEBRA」のMummy-Dのバースは、Mummy-Dの仕事の中でも5本の指に入る屈指のベストバース。
日本語ラップ好き…いや、音楽好きなら聴き逃せません!


そして外せないのが最後に控えるM-15「In-mail feat. JUJU」。
1バース目で恋人、2バース目で友人、3バース目に両親に感謝のメッセージを贈った楽曲で、JUJUのHookも勿論素晴らしいですが、童子の人柄や人生がよく見える、珠玉の名曲となっています。
このような楽曲を最後に持ってくるのはよくあるやり方ですが、その楽曲が珠玉の名曲とは…ずるいなあ、これ!


僕の拙い感想ではこれぐらいの魅力しか伝えられませんが…まだまだこんなのは魅力の一端です。
このアルバムを聴いて2年半以上経ちますけど、今でもこの作品を聴くとすごい!と思います。
このアルバムの童子の末路を考えると複雑ではありますけど…。

しかし、そんな事情を考慮してもリスナーに放つ魅力がこの作品にはあります。
是非聴いてみてください…というか必聴に値します!


↓M-2「世界はおまえの手に」のPV。
youtu.be


にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村