りくぼーの音楽感想倉庫

音楽CDの感想を綴っていきます

EGOTOPIA / RHYMESTER

EGOTOPIA



曲目リスト



1. Intro

2. 20世紀 ~開け心~

3. 悪趣味節

4. 知らない女

5. 口から出まかせ feat. KING GIDDRA, SOUL SCREAM

6. 知らない男 feat. BOY-KEN

7. あしたのショー feat. DJ TONK

8. エゴトピア

9. The God / The Mad

10. 君の瞳に映るオレに乾杯

11. Return of Funky Grammar feat. EAST END, MELLOW YELLOW

12. And You Don't Stop



評価: ★★★★★★★★☆☆



日本語ラップ界で長く活動を重ね、メディア出演などで世間的にも結構名前が広がっているラップグループ、RHYMESTERの2ndアルバム。

1995年6月25日発売。



1993年に1stアルバムをリリースしてからは、着々とアピールを重ね、シーンの中で自分たちのスタイルを作っていったRHYMESTER

その2年後、この2ndアルバムをドロップ。



このアルバムがリリースされた1995年は、徐々にですが様々なラッパーたちが自分たちの居場所を作っていき、日本語ラップ界で今も語り草になっている作品が多く排出された年でもあるのです。

ちなみに僕がこの世に誕生した年でもあります。(関係ない)



MICROPHONE PAGERの1stアルバム「Don't Turn Off Your Light」、キングギドラの1stアルバム「空からの力」、LAMP EYEのデビューEP「下剋上」などなど。

そしてそれらの作品と共に語り草にされるのがこのRHYMESTERの2ndアルバム「EGOTOPIA」。

日本語ラップファンでRHYMESTERの1stアルバムを評価する人は余り見たことがありませんが、この2ndアルバムからは結構評価をされてきた印象がありますね。

1stは本人たちにとっても聴くに堪えない作品みたいなのでしょうがないですけどね。



さて、内容に。



2人ともまだまだスタイルを確立できていない感はあるものの、前作と比べると明らかにラップの安定感が高まっています。

何より面白いのはリリックで、普通の人の日常でありそうなことをこの頃ならではの語呂合わせを用いたライミングを駆使して巧みに表現しています。



何といってもその面で名曲と呼べる曲に仕上げているのがM-3「悪趣味節」、M-4「知らない女」、M-6「知らない男 feat. BOY-KEN」の3曲。

M-3「悪趣味節」は彼らが今でも散々ラジオや楽曲でネタにしているHIP HOPに偏見を持つ人間に対してのメッセージソング。

HIP HOPとかMETALとか、そういう余り一般向けではない音楽に魅せられた人間なら共感してしまい、Hookを口ずさんでしまうこと間違いなし。

特にMummy-Dの1バース目は必聴!



M-4「知らない女」は、たまたますれ違った女性に一目惚れしてしまった男の心情を描いた1曲で、ちょっとお洒落チックなトラックとの相性も最高です。

何といってもMC SHIROのリリックが上手い!

男の心情をこれでもかと言うくらいに的確な描写で引き込まれてしまいます。

M-6「知らない男 feat. BOY-KEN」はアメリカのHIP HOPではお馴染みのF○CK DA BIT○Hもの。

日本でもそういう曲を日本風に仕上げられるんですよ皆さん!

MC2人のリリックと、BOY-KENのHook、ガサツなピアノのトラック・・どこをとっても文句のつけようがない1曲。

洋楽HIP HOPオンリーな人も是非チェックしていただきたいです!



それ以外のトピックの曲だとM-2「20世紀 ~開く心~」もこのアルバムの入りだしにピッタリのスタートを提供。

1回聴いたら気づけばHookを口ずさんでしまうはず!



しかし何といっても目玉は未だに日本語ラップファンの間で名曲と名高いM-5「口から出まかせ feat. KING GIDDRA, SOUL SCREAM」。

KING GIDDRAにSOUL SCREAMRHYMESTER、この3グループが1曲で魅せるマイクリレーは本当に圧巻の一言。

最初のKING GIDDRAの2MCのバースから、「名曲だ!」と感じさせてくれます。

トラックがコロコロ変わっていくのもすごく聴きごたえがありますし、名曲の冠に恥じない1曲。



後は2MCのHookが生き生きとしているM-7「あしたのショー」、ユーモアな表題曲M-8「エゴトピア」辺りが楽しんで聴けますね。



色々な面でガサツな所もありますし、後半になるにつれて失速していくのは否めませんが、前半の名曲満載な展開を聴くだけでも十分に買う価値がある1枚といえます。

日本語ラップファンの間でも未だに語り草になっているのも納得です。

興味のある方は是非聴いてみてください。



↓M-10「君の瞳に映るオレに乾杯」。

www.youtube.com

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村