りくぼーの音楽感想倉庫

音楽CDの感想を綴っていきます

EGOTOPIA / RHYMESTER

EGOTOPIA


曲目リスト


1. Intro
2. 20世紀 ~開け心~
3. 悪趣味節
4. 知らない女
5. 口から出まかせ feat. KING GIDDRA, SOUL SCREAM
6. 知らない男 feat. BOY-KEN
7. あしたのショー feat. DJ TONK
8. エゴトピア
9. The God / The Mad
10. 君の瞳に映るオレに乾杯
11. Return of Funky Grammar feat. EAST END, MELLOW YELLOW
12. And You Don't Stop


評価: ★★★★★★★★☆☆


日本語ラップ界で長く活動を重ね、メディア出演などで世間的にも結構名前が広がっているラップグループ、RHYMESTERの2ndアルバム。

1995年6月25日発売。


1993年に1stアルバムをリリースしてからは、着々とアピールを重ね、シーンの中で自分たちのスタイルを作っていったRHYMESTER
その2年後、この2ndアルバムをドロップ。


このアルバムがリリースされた1995年は、徐々にですが様々なラッパーたちが自分たちの居場所を作っていき、日本語ラップ界で今も語り草になっている作品が多く排出された年でもあるのです。

ちなみに僕がこの世に誕生した年でもあります。(関係ない)


MICROPHONE PAGERの1stアルバム「Don't Turn Off Your Light」、キングギドラの1stアルバム「空からの力」、LAMP EYEのデビューEP「下剋上」などなど。
そしてそれらの作品と共に語り草にされるのがこのRHYMESTERの2ndアルバム「EGOTOPIA」。
日本語ラップファンでRHYMESTERの1stアルバムを評価する人は余り見たことがありませんが、この2ndアルバムからは結構評価をされてきた印象がありますね。

1stは本人たちにとっても聴くに堪えない作品みたいなのでしょうがないですけどね。


さて、内容に。

MC SHIROとMummy-Dのラップはまだまだ発展途上な感は否めませんけど、前作と比べて安定感が高まっているのは明らかで言葉選びのセンスもナイス。
この頃はまだライミングの仕方などが確立していなかったので手探り状態だったのが伝わってきますが、そこもこの頃ならではの空気感があっていいです。


トラックもガサツながらジャグジー感があって病み付きになるタイプが多め。そのトラックと2人のラップの相性の良さも相まってまさにこの頃にしか作れないであろう作品に仕上がっています。


M-1Intro」からM-2「20世紀 〜開け心」への流れはもう本当につかみが完璧。この2曲続けて聴いた時点でアルバムを聴き進めるのが楽しみになってしまうこと請け合い。

M-3「悪趣味節」からは一目惚れした男の心情や、浮気された男の心情を描写した楽曲など様々なトピックを描写した楽曲が多めになりますが、どの曲も本当に描写の仕方が上手いです。
特にM-3「悪趣味節」、M-4「知らない女」、M-6「知らない男 feat. BOY-KEN」の3曲は必聴!


当時の日本語ラップ界がいかに音楽界で厳しい立場だったのかが分かるM-7「あしたのショー」も聴いてて面白いですし、M-10「君の瞳に映るオレに乾杯」もトピック自体はHIP HOPにはよくあるナルシストものですが、リリックの目の付け所が本当に良くて聴きごたえがあります。

あとはM-12「And You Don't Stop」も最初は余り印象に残らないかもしれませんが、リリックを聴いていると本当に沁みる内容なのでぜひじっくりと言葉を聴いてみてほしいですね。


日本語ラップ界の大物たちがマイクを回していくM-5「口からでまかせ feat. KING GIDDRA, SOUL SCREAM」が注目されやすい本作ですが(いや、確かにこの曲は間違いなく名曲ですが)、他の曲にもこの曲に負けず劣らずの楽曲が収録されていて、リリースから23年経った今でもしっかり聴ける1枚ですよ。

未だに日本語ラップファンの間で語り草となるのも納得の本作、見かけたら是非聴いてみてください!


↓M-10「君の瞳に映るオレに乾杯」。
www.youtube.com
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへにほんブログ村