りくぼーの音楽感想倉庫

音楽CDの感想を綴っていきます

ファンキーモンキーベイビーズ / FUNKY MONKEY BABYS

ファンキーモンキーベイビーズ



曲目リスト



1. 恋の片道切符

2. そのまんま東

3. 西日と影法師

4. GO! GO! ライダー

5. ALWAYS

6. One

7. 笑顔

8. Oh My Lady

9. ろくでなしCRUISE [album version]

10. オレオレRAP

11. 勝負パンツ

12. B・W・H

13. チェケラッチョ



評価:★★★★★★★★☆☆



東京八王子で結成されたラップグループ、FUNKY MONKEY BABYSの1stアルバム。

2006年7月19日発売。



FUNKY MONKEY BABYSはMCのファンキー加藤モン吉、DJのDJケミカルの3人からなるグループです。

2004年の元旦に、元々ソロで活動していたファンキー加藤モン吉が結成しました。

DJ ケミカルは元々はライブDJで、メンバー加入を希望していたもののリーダーであるファンキー加藤から中々OKが出ませんでした。

何とか晴れて正式メンバーになったものの、この1stアルバム発売時に「このジャケで売れなかったらクビ」と言われてしまったと・・・。

シャレで言ったのかマジで言ったのかは分からないですけどね。

あのファンキー加藤W不倫騒動以降、「ファンキー加藤の性格の悪さ」がビックアップされることがネット上で多かったですけど、どこまで本当なんでしょうか。



そして本格的に活動開始したのちに、2006年1月に1stシングル「そのまんま東へ」でメジャーデビューを果たします。

その後にシングルを短いスパンでリリースしていき、メジャーデビューからわずか半年でこの1stアルバムをドロップ。

このアルバムの前に出したシングルはそこまでチャート順位が振るったわけではなかったのですが、この1stアルバムはチャート15位という好セールスを記録し、テレビ番組でのDJケミカルのパフォーマンスで一気に知名度を上げたのです。

今では日本では知らない人がいないと言ってもいいくらいのグループになりましたよね。



では、内容に。



ファンモンと言えば、「あとひとつ」とか「ちっぽけな勇気」などの青春系、あとは「Lovin' Life」、「告白」なんかの恋愛ソングを思い浮かべる人が大多数だと思います。

そのせいか売れ線の音楽や薄っぺらい詞を嫌う自称音楽愛好家たちや、熱狂的なHIP HOPファンからはしばしば嘲笑の的にされるグループです。

おまけに2016年のファンキー加藤W不倫報道により、解散後にも関わらず、ファンからも総スカンを食らう羽目になってしまった不運なグループでもあります。

他の2人は完全にとばっちりなんですけどね・・。

おそらくこの記事を読まれている方にも、彼らの音楽が嫌いな人は絶対にいらっしゃるでしょう。



そんなあなたにもちょっと聴いてみてほしいのがこの1stアルバムです。



この1stアルバムはそんなに青春系や恋愛ソングはなく、色々なタイプの曲が収録されているんですね。

この頃はまだちょっと自分たちのスタイルを模索していたのかな?っと感じました。



特に後半にはTVで見るファンモンからは想像もできないようなハードコアなラップが収録されています。

最も本格的なハードコアラッパーと比べるとやはり・・という感はぬぐえないですが。

ただM-9「ろくでなしCRUISE [album version]」はファンモンらしさと比較的ハードコアなラップが融合したような楽曲で、結構楽しんで聴けます。



M-1恋の片道切符」やM-8「Oh My Lady」は恋愛ソングですが、そんなにはベタベタしていないので気軽に聴けます。恥ずかしい表現と言うのもありません。



M-3「西日と影法師」も夕暮れ時を感じさせるトラックとMC2人のラップがマッチしていて中々聞きごたえがありますし、M-4「GO! GO! ライダー」は単純に2人の言葉選びが面白いです。



飛びぬけていい曲はM-5「ALWAYS」ですね。

この曲はこのアルバムの中でメッセージも2人のラップの乗せ方も1番カッコいいです。

特に最後のバースのファンキー加藤の高速ラップの乗せ方はこのアルバムのハイライトといっていいのでは。



正直僕もあのW不倫の騒動以降ファンモンの楽曲を積極的になんて聴いていなかったんですけど、久しぶりにこのアルバムを聴いてみたら予想していたよりずっと良くてびっくりしました。

不倫していたり、麻薬に手をだしたりするミュージシャンなんてぶっちゃけ数えきれないくらいいるので余り気にしないようにはしてるんですけど、ファンモンやファンキー加藤の場合は作っている曲が作っている曲でしたからね・・・。その被害も甚大だったというわけでしょうね。

恐らくあの騒動の後でも聴いてみて一番被害を被っていないアルバム・・だと思うので、機会があったら聴いてみても悪くないですよ。



↓M-2「そのまんま東」のPV。

www.youtube.com